『書きます!#観劇レビュー』

20代の管理人が鑑賞した舞台のレビューを書き残していきます!

ミュージカル『モンティ・パイソンのSPAMALOT』を観劇した感想(ネタバレあり)

第60回目のレビューは、3回目の上演となるミュージカル「モンティ・パイソンSPAMALOT」です。

 

f:id:kanazaaaaaawa:20210213234840j:plain


 

本作はブロードウェイ作品で2012年に日本で初演、2015年に再演を果たし、6年ぶりとなる今年2021年に2度目の再演となった大人気作品です。

 

台本・演出は福田雄一さん。そして主演は山田孝之さん。福田さん演出×山田孝之さん主演となれば、面白くないはずがありません。そして結果的に3時間笑いっぱなしで劇場を後にしていました。

 

とにかく笑えるミュージカル

 

本作のストーリーは訳が分からず面白いですし、演出もポップでお祭り的な要素もありました。さらに、何人ものメインキャストが入れ替わり立ち代わり、様々なキャラクターを演じ分ける面白さもあり、終始笑ってしまいました。

 

キャラクターそれぞれのキャラが濃く、特にシソンヌのお二人は芸達者かつお二人の持つ世界観も合わさって、俳優さんたちのコメディ部分をさらに色付ける、本作の絶対的キーパーソンだったと思います。

 

 

ミュージカルの女王 新妻聖子さん

 

いつか新妻聖子さんのミュージカルに行って、直接あのすばらしい歌声を聴いてみたい、と思っていたのですが、まさか本作でその夢が叶うとは思いませんでした。

そして「ミュージカル女王の無駄使い」がステージ上で堂々と繰り広げられていました!

 

何ともミュージカルの女王には言わせてはいけないセリフを音楽に乗せて歌う新妻さんは、吹っ切れているように見えて清々しい歌いっぷり。福田さん演出ならではのシーンも多数あり、女王にそこまでやらせるか!と会場が笑いに包まれていました。

そして素晴らしいお声で、本作のミュージカルとしてのクオリティの全面を担ってくれていたと思います。

 

 

新型コロナウイルス感染拡大状況下での観劇

 

 

個人的に、最近は新型コロナウイルスの影響で趣味だった舞台鑑賞から足が遠のき、あまり観劇の機会がありませんでした。精神的に、観劇に費やす余裕が減っていたというのが理由です。

 

ですが、この作品を観劇して、観劇することの楽しさを思いださせてくれました。そして、気持ちが前に向きにくいこんな時だからこそ、何も考えずただ笑わせてくれる、こういう作品を見るべきだと思いました。

 

 

ただ「面白い」以上のものをこの作品から与えてもらった気がしています。

 

 

【作品情報】

 

 

ミュージカル「モンティ・パイソンSPAMALOT

ミュージカル「モンティ・パイソンのSPAMALOT」featuring SPAM公式ホームページ

 

上演台本・演出:福田雄一

 

出演者:山田孝之賀来賢人小関裕太、三浦宏規、矢本悠馬、じろう(シソンヌ)、長谷川忍(シソンヌ)、新妻聖子・・・etc

 

東京公演:2021年1月18日(月)~2月14日(日) 東京建物Brillia HALL

大阪公演:2021年2月28日(木)~2月23日(火・祝) オリックス劇場

福岡公演:2021年2月26日(金)~2月28日(日) 福岡市民会館大ホール

 

観劇日:2021年2月13日(土)17:00公演