『書きます!#観劇レビュー』

20代の管理人が鑑賞した舞台のレビューを書き残していきます!

舞台『OUT OF ORDER』を観劇した感想(ネタバレあり)

今回のレビューは、舞台「OUT OF ORDER」です。


f:id:kanazaaaaaawa:20231220012905j:image

 

とあるホテルのスウィートで起こる予期せぬ出来事の数々。宿泊していたユースケ・サンタマリアさん演じる政治家リチャードからの指示により、突然解決を命じられた中村倫也さん演じる秘書のジョージ。

次から次へと問題に巻き込まれ、嘘に嘘を重ねることでどんどん追いつめられるジョージ。

怒涛の展開が続く、ワンシチュエーションのドタバタコメディーです。

 

個人的に気弱な巻き込まれ型主人公が大好きなのですが、今作は中村倫也さんがこれでもかと巻き込まれています(笑)

こういったキャラクターが中村さんはこれでもかというほど似合ってました。無理な要求が来ればくるほど真骨頂といいますか。

リチャードのその場しのぎの嘘に翻弄され、ジョージがどんどん追いつめられていく様が面白おかしく、走り回ったり叫んだり驚いたり、一挙手一投足がいちいちオーバーで面白い。

ただ、その分めちゃくちゃ体力のいる役だなぁと。そして、状況による声色の使い分けがかなり上手。声での魅せ方はもはやアニメのようでもあり、声だけでジョージの心情が手に取るように分かる凄さ。そんな大忙しのジョージを2時間ノンストップで演じる中村さん、素晴らしかったです!またひたすら振り回される舞台やってください。

 

そしてこの物語をかき乱す中心人物であるリチャード。

ユースケ・サンタマリアさんのあのテキトーな感じがリチャードにぴったりでした。

政治家らしい話術で嘘を重ねまくり、ジョージを困らせまくる。でもどこか憎めない愛らしさがあって、こちらもまたユースケ・サンタマリアさんの人柄なしにはあの愛らしいキャラクターにはならなかったと思います。

 

中村さんもパンフレットのコメントで話していて、まさしくその通りだなと思ったんですが、マギーさんのコメディーは観客を笑わせようとしていない。キャラクターのリアクションがどこか可笑しいから観客が勝手に笑ってしまうような感じ。このバランスを見極めて作り上げていくってとても難しいと思うのですが、かなり絶妙で心奪われました。俳優さんたちのリアクションが見ていて飽きないし、マギーさんの描く世界にはすべてのキャラクターに愛がある。悪い人がいない。観ていて愛しいです。展開の強弱もあってあっという間の2時間でした。

 

笑いが作中にごろごろ転がっていて、「バカだなぁこの人たち(笑)」って笑ってしまうこの感覚が何かに似ているなぁと思ってたんですが、思い出しました。テレ東で放送していた「ウレロ未確認少女」っていうワンシチュエーションコメディに似ているんだ!ウレロシリーズ大好きだったんですが、その作り出す笑いの雰囲気がとても似ていて、コメディとしてかなり上質な作品だなぁと思いました。

「ウレロ~」は劇団ひとり、東京03、バカリズムら芸人がワンシチュエーションで作っているコメディ番組で、今作「OUT OF ORDER」もワンシチュエーション。いろんなキャラクターが出たり入ったりで、主人公の中村さんは受け身で翻弄されっぱなし、ユースケ・サンタマリアさんは物語を展開させるきっかけセリフが多く、演じるにはかなり難しいコメディだなぁと思いましたが、マギーさんの演出、そして、役者さんたちの芝居、絶妙に笑ってしまうポイントを突いてきてまた観たいなあ!と思わせる作品でした。

円盤化してほしい!!!!

 

 

【公演情報】

 

舞台「OUT OF ORDER」

 

作:レイ・クーニー

演出:マギー

 

出演:

中村倫也

山口紗弥加 猫背椿 加治将樹 春海四方

平井珠生 森下能幸 坂田聡 トリンドル玲奈

ユースケ・サンタマリア

 

日程

鳥栖公演:2023年11月11日(土)〜 12日(日) 鳥栖市民文化会館 大ホール

兵庫公演:2023年11月16日(木)〜 19日(日) 兵庫県立芸術文化センター 阪急 中ホール

仙台公演:2023年11月24日(金)〜 26日(日) 仙台電力ホール

愛知公演:2023年12月1日(金)〜 3日(日) 東海市芸術劇場

東京公演:2023年12月7日(木)〜 24日(日) 世田谷パブリックシアター

大阪公演:2023年12月28日(木)〜 30日(土) 森ノ宮ピロティホール

 

観劇日:2023年12月17日(日)12:30公演