『書きます!#観劇レビュー』

鑑賞した舞台のレビューをただただ書き残していきます!

宝塚月組『Eternal Voice 消え残る想い』を観劇した感想(ネタばれあり)

今回のレビューは、宝塚月組「Eternal Voice 消え残る想い」です。


f:id:kanazaaaaaawa:20240606190417j:image

 

月組トップスターコンビ、月城かなとさんと海乃美月さんの卒業公演。

トップコンビの卒業という大きな想いが乗った、壮大なSFファンタジー作品となっていました。

 

 

舞台は中世イギリス。

キリスト教の教派が国内で”カトリック”派と”プロテストタント”派に分裂してしまっている状況のなか、王政をも揺るがす大事件が勃発し、考古学者のユリウス(月城かなと)や霊能力者のアデーラ(海乃美月)が大事件に巻き込まれていきます。

 

海外歴史SFファンタジーといったストーリーで個人的にはとても好きでした。

衣装も当時のヨーロッパらしい豪華絢爛な衣装で、衣装を観ているだけでも見ごたえがありますし、展開も早く、ラストに向かって駆け抜けていきます。

 

物語の随所にトップコンビ二人だけのシーンが組み込まれていてとても印象的でした。セットも小道具もないまっさらなステージに二人だけ。卒業公演だからこその演出に見えましたし、物語のラストも、二人が手を取り支えあい前を向いて歩いていくような、未来に希望が持てるラストで、最後にふさわしい終わり方だったのではないでしょうか。

 

 

昔から「芝居の月組」と言われるほど、芝居が上手な方が多い印象の組ですが、そのイメージを月城さんと海乃さんが牽引していたように思います。

 

本作のような大人な雰囲気のキャラクターから、「今夜、ロマンス劇場で」などの天真爛漫なキャラクターまで幅広く演じ分けられ、どれも魅力的なお芝居でした。

 

実は、月組の作品は「今夜、ロマンス劇場で」で初めて観劇し、以降、大劇場公演はすべて劇場で拝見しており、月城さんと海乃さんのトップを最初から最後まで見届けることができて、個人的にも非常に思い入れのあるお二人です。

 

他組のトップコンビとは違う、アダルトで妖艶な雰囲気があり、その大人っぽさに毎回心酔していました。

 

本作と続けて上演されるショー「Grande TAKARAZUKA 110!」は宝塚の伝統芸ともいえる演目が詰め込まれていて、原点回帰のような作品。

 

ラストのデュエットダンス、月城さんと海乃さんがふたりで舞い・踊る最後のシーン。

今まで見たデュエットダンスの中で一番優雅で暖かい気持ちになって、劇場で泣きながら観てました。

 

お芝居・ショーを通して感じたことですが、“海乃さんと二人で卒業する”という月城さんの気持ちが強く表れていたと思います。

 

お芝居のラストも一人で歩いていくのではなく、海乃さんとともに。

だいたいの卒業公演は、男役トップスターがラスト一人で去っていくような演出で、男役スター卒業を全面に出すような演出ですが、本作では二人一緒。月城さんの相手役に対する想いがこういう演出へと導いたのだと思います。

 

 

ショーのラストも通常は男役トップスターのソロダンスが組み込まれますが、今回はなし。

その代わり、海乃さんとのデュエットダンスをたっぷりと披露して、“お互い対等で同じ立場として卒業しよう”という、そんな想いが込められているような気がしました。

 

 

おふたりに出会えてよかった…。幸せな時間をありがとうございました。

そして、卒業後、今後の活躍にも期待しています。

 

 

【公演情報】

 

宝塚月組ミュージカル『Eternal Voice 消え残る想い』

 

演出: 正塚 晴彦

 

出演:

月組/梨花 ますみ、白雪 さち花、鳳月 杏、月城 かなと、春海 ゆう、夢奈 瑠音、海乃 美月、佳城 葵、麗 泉里、英 かおと、彩 みちる、朝陽 つばさ、風間 柚乃、桃歌 雪、空城 ゆう、妃純 凛、天紫 珠李、彩音 星凪、礼華 はる、甲海 夏帆、彩海 せら、天愛 るりあ、菜々野 あり、柊木 絢斗、一星 慧、大楠 てら、白河 りり、瑠皇 りあ、羽音 みか、彩路 ゆりか、まのあ 澪、爽 悠季、毬矢 ソナタ、きよら 羽龍、咲彩 いちご、真弘 蓮、美海 そら、月乃 だい亜、静音 ほたる、七城 雅、朝香 ゆらら、槙 照斗、奏羽 美緒、遥稀 れお、一乃 凜、花妃 舞音、和真 あさ乃、蘭叶 みり、涼宮 蘭奈、澪 あゆと、綺乃 ゆず、大瀬 いぶき、天つ風 朱李、澪花 えりさ、美颯 りひと、華羽 りみ、一輝 翔琉、相星 旬、愛梛 ちとせ、彩姫 みみ、美渦 せいか、穂波 舞咲、星丘 しずく、八重 ひめか、雅 耀、桜之 真緒、白霧 椿、乃々 れいあ、帆華 なつ海、翔 ゆり愛、朱鷺 あおい、飛翔 れいや、梨乃 すずらん、日向 みなき、央河 希涼

 

専科/高翔 みず希、凛城 きら

 

110期生A班/彩葉 ゆめ、星名 りおん、星 美音、凛 航瑠、朝路 みつき、伊吹 すがた、

鏡花 くらら、純 れい、麗月 るな、琴音 悠希

 

日程

宝塚公演:2024年3月30日(土)~5月12日(日) 宝塚大劇場

東京公演:2024年6月1日(土)~7月7日(日) 東京宝塚劇場

 

観劇日:2024年6月1日(土)13:30公演